訪問看護ステーション「ケアポートみさわ」のブログ
訪問看護ステーション ケアポートは在宅療養のお手伝いをさせて頂きます。

冬の皮膚トラブル



こんにちは。だんだんと今年も終わりに近づいています。
最近は、すっかり朝晩寒くなり、冬が近づいている気がしますね。
 
うちの子供たちは、私に似てしまいアトピー性皮膚炎のため、
この時期になるとカサカサと湿疹との戦いになります。
毎日保湿剤を塗っていても、繰り返してしまうのがこの季節。

今回は、冬の肌トラブルについてご紹介します。

≪秋から冬の皮膚トラブルの原因≫
寒い季節の皮膚トラブルの主な原因は、「気温の低さ」と「乾燥」です。気温の低下に伴う冷えや寒さで、血液の流れが悪くなり、しもやけなどの血行障害が生じます。また、冷たい風にさらされると、皮膚の機能が弱くなって、脂線や汗腺の働きが低下します。そのため、皮膚の表面が乾燥して、かさつきやかゆみ、あかぎれなどが生じやすくなります。さらに、皮膚のバリア機能は年齢とともに低下するため、年々皮膚トラブルは生じやすくなってきます。

≪皮膚トラブルを起こしやすい生活習慣≫
・お湯で手を洗う         
・熱いシャワーを浴びる
・長湯する習慣がある
・洗剤の原液をつけて素手で食器を洗う
・足が冷えやすい 冷え症
・ストレスが多い 忙しい
・食生活が不規則
・睡眠不足

気温が低くなると、お湯を使うことが多くなりますが、お湯は皮膚表面の皮脂を取ってしまうため、バリア機能低下の原因となります。また、体が冷えやすい人は、血行不良で皮膚に栄養が十分に行渡らず、皮膚トラブルを起こしやすくなります。

皮膚トラブルを起こさないためには、毎日の肌ケアとストレスフリーな生活が大切ですね。


肌のケアのポイントは、
1.保湿剤の使用 入浴後や水仕事の後は、保湿剤を使うようにしましょう。
2.石鹸を泡立てて身体を洗いましょう アカこすりは、皮膚の表面を傷つけるため、避けたほうが良いですね。
3.加湿器を使いましょう 冬になり、暖房を使用すると、空気が乾燥します。風邪予防だけではなく、皮膚の乾燥予防にも効果があります。
4.綿の下着を使用しましょう 化学繊維は暖かいですが、長時間着用することで、摩擦により皮膚を傷つけることがあるため、綿100%が好ましいですね。

まだまだ、寒い時期が続きますが、少しでもトラブルなく過ごせるように、毎日の生活の中で気を付けていきたいですね。 
                                                                          下田
スポンサーサイト
by FC2USER077367ZUW  at 14:04 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する