訪問看護ステーション「ケアポートみさわ」のブログ
訪問看護ステーション ケアポートは在宅療養のお手伝いをさせて頂きます。

「訪問看護」



今回は佐々木です。

最近暑すぎて・・・バテていませんか?
佐々木はバテバテです。
今回は「訪問看護」についてです。

訪問看護は利用者の生活全般に関わります。
訪問看護師の役割は
・利用者の生活の質を高め、
 自立を支援し、
 自宅での生活を続けられる
 ようにサポートする事です。

○そのために相談や助言を行います。
 (決めるのは本人家族です)

○そのために利用者の生活の中で
 起こりうる問題を予測し備えたり
 緊急時の対応を考えます。

○そのために社会資源サービスについての
 情報を提供・提案します。

これは教科書やパンフレットなどに書いてあることですね。

佐々木の言葉で伝えるなら、
家族や親友など、身近な人たちが、その人を支えられるのなら、
それはそれでいいのだと思います。
でも、その人のことを冷静な目で見てあげられなくなったときに
相談でき協力してくれる人がいるのなら、
その人に訪問看護は必要ないのではないでしょうか?
(医師が訪問看護を必要だと判断された時は必要ですが…)。



何かに困ったり、不安な時に
その人のためにできることは何か一緒に考えたり、
私の知っている方法を伝えることで、
その人の選択肢を増やすことが出来たりしますよね。
十人十色ですから。

「できない」ことを出来るようにすることができるのではなく、
「できる」ことを続けられるように協力します。
結果は出来なかったことができるようになるかも・・・。
可能性は0%ではありません!

全て、
決めるのは御本人やご家族やご家族ですから。

私たちは利用者様が在宅で安心して生活を送られるように協力します。

佐々木は利用者に対し
『自分がされていやなことをしていません。』
医療行為(注射や、カテーテル等の管理など)については
ご本人が嫌がっても医師の指示によるものは、
説明を行い、納得されたうえで行いますよ。

佐々木の言葉がどんな風に伝わるのか…。

笑って暮らさなきゃ損ですよ!! 
そのために協力します!!

久々にうちのペットです。

pi-

ぴー

tuna

つな

癒されましたか?
スポンサーサイト
by FC2USER077367ZUW  at 08:40 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する