訪問看護ステーション「ケアポートみさわ」のブログ
訪問看護ステーション ケアポートは在宅療養のお手伝いをさせて頂きます。

虫刺され



6月ブログ担当の下田です。
すっかり梅雨の時期に入りましたね。
みなさん、体調は大丈夫ですか?

私は、週末毎に公園に出かけては、子供たちと遊ぶのを繰り返しているため、
すでに2回、虫に刺されてしまいました。

蚊に刺されても、昔に比べかゆみが強くないな~という人はいませんか?
虫刺されは、年齢によって痒みの反応が変わってくるのはご存知ですか?

虫に刺された際、「虫の唾液」や「毒針」といった“異物”が私たちの身体の中に侵入することにより、
「免疫細胞」が動き出します。刺された時の、腫れや痒みは、この免疫細胞による「アレルギー反応」なんですね。

このアレルギー反応、加齢や“蚊に刺された回数”によって、その強さが徐々に変化するんです。

赤ちゃんが初めて蚊に刺されても、かゆみや腫れはありません。
しかし、2度目以降になると、身体にできた免疫細胞が過剰反応するようになります。

しかし、壮年期から老年期にさしかかると、免疫細胞の変化の過程で、逆に無反応に近づいていくんです。

つまり、蚊に刺されて腫れや痒みが持続するのは、若い人の特徴なんですね…。

かゆくならないのは嬉しいですが、複雑な心境です(T_T)

人によっては、アレルギー反応が強く出たりする場合があるので、外に出るときは虫よけをしながら、楽しんでいきたいですね。

025.jpg

ケアポートの裏の雑木林に、タヌキの家族が住んでいて、
小タヌキが3匹日向ぼっこしているのを見ることができます。
とってもかわいいですよ。これからも子タヌキの成長を見守りたいと思います。
スポンサーサイト
by FC2USER077367ZUW  at 17:06 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑