訪問看護ステーション「ケアポートみさわ」のブログ
訪問看護ステーション ケアポートは在宅療養のお手伝いをさせて頂きます。

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by FC2USER077367ZUW  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

腸内フローラ



こんにちは、今月担当の乙部です。

1年の立つのは早いもので、今日で平成27年度も終わりとなります。
1年を振り返ってみても、自分の成長はあまり感じられない今日この頃。
感じることと言えば、悲しくも身体の衰えでしょうか?
仕事がら、日々の健康には気を付けているつもりですが、なぜか、継続できない弱い自分がいます。そこで、今私も注目している、今話題の「腸内フローラ」についてご紹介します。

腸内フローラとは?
私たちの腸内にはたくさんの細菌がすみついています。これら腸内にすんでいる細菌は、腸内細菌といい、その数は100種類以上、個数は約100兆個にもなります。
特に回腸から大腸にかけては、これら多種多様な腸内細菌が種類ごとにまとまりをつくってびっしりと腸内に壁面を作って生息している状態です。
この様相は、まるで植物が種類ごとに集団を作って群れているお花畑の様子ともたとえられ、「腸内フローラ」(腸内細菌叢)と呼ばれています。
「腸内フローラ」の様相は、つまり腸内に生息している細菌の種類は、人がそれぞれ顔や個性が異なるように、その人その人でまったく違うものです。また、「腸内フローラ」の状態は生活習慣や年齢、ストレスなどによっても変化します。
健康な人の腸内では、善玉菌が悪玉菌を抑える形で、「腸内フローラ」が一定のバランスが維持されていますが、逆に何らかの原因で善玉菌が優勢になってしますと、腸内腐敗が進んでアンモニア、フェノール、インドールなどの人の健康に有害な物質が増えます。これらの有害物質がくさいオナラの原因になったり、もっとひどいことには、有害物質が腸管から吸収されてしまい、やがて肝臓、心臓、腎臓などにも負担を与え、老化を促進させたり、癌をはじめとするさまざまな生活習慣病の原因になることもあります。

いますぐ食生活を見直さなくては!といっても、忙しい私たちにとって、急に食生活をガラッと変えるのは難しいことも事実です。そこで、「ま・ご・わ・や・さ・し・い」食事を心掛けてみましょう。
ま:大豆・豆類
ご:ごま・ナッツ類
わ:わかめ・海藻類
や:野菜・根菜類
さ:魚・魚類
し:しいたけ・茸類
い:じゃがいも・イモ類himawari.jpg

私を含め青森県民の皆さん、短命県返上に向けて、頑張ってみましょう!!
スポンサーサイト
by FC2USER077367ZUW  at 17:10 |  生活 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。