訪問看護ステーション「ケアポートみさわ」のブログ
訪問看護ステーション ケアポートは在宅療養のお手伝いをさせて頂きます。

高齢者と猫




 今回のテーマは『高齢者と猫』についてです。
猫が好きな方も、そうでない方も、日頃、色々なかたちで猫と関わる機会があると思います。
猫は愛玩動物として人を癒してくれる一方で、適切に飼われていない猫たちは、度々、地域で問題となることも少なくありません。

 最近、特に問題となっているのが、『高齢者と猫』についてです。
昔は、猫は自由に近所を行き来し、自由な猫の姿が当たり前だったかもしれません。しかし、猫は年に2~4回発情期をむかえ、交配が許されれば、殆どのメス猫は 10 年間で 50~150 匹の子猫を出産します。地域の野良猫が増えすぎると、猫たちは地域の悪者になり、自治体に保護され、その多くは殺処分となってしまいます。
高齢者が猫を飼っている場合、本人・家族の体調不良に伴い、入院や施設入所、引っ越しなどの理由で飼養が困難になるケースも増えています。某ボランティア団体では、高齢者ご本人・家族、ケアマネジャー、訪問介護・看護事業者等からの問い合わせが増えていると伺いました。

 家族として共に生活してきた猫が幸せであることは、実は猫の飼い主本人にとっても心の支えになることが多く、特に認知症のある高齢者には愛猫の便りが生きがいとなります。万が一に備え、猫の適正飼養に努めることはとても大切です。又、災害時など同行避難に備え、猫の健康状態に配慮し、身の回りの準備をしておくとよいでしょう。

 では、猫の飼い主さんが日頃からできる事は何でしょうか。
① 避妊・去勢手術を受ける:不幸な猫を増やさないために重要ですが、屋内で猫を飼う為に、とても大切です。発情期の猫は興奮状態です。オスは部屋中におしっこ(スプレイ)をしますし、メスも大声で歩きまわります。又、不妊治療は病気の予防になるとも言われています。特に高齢者宅での猫の繁殖や多頭飼育崩壊などのケースも多く報告されています。
② 猫は室内飼い:これは病気やケガのリスクを減らすだけでなく、ノミやダニのリスクも減らします。又、ご近所で猫が嫌いな方々への配慮を忘れないでください。外環境は、愛猫がいじめられる危険もあります。
③ 定期的な予防接種:猫特有の感染症を予防することで、よい健康状態を保ちます。
④ 災害時の準備:動物愛護センターなど、パンフレットを作成しています。ご覧ください。
⑤ 猫の将来と飼い主さんの将来を考える:「飼い主さんが万が一、猫を飼えなくなったらどうするか・・・」。青森県でもボランティア団体はありますが、猫を預かってくれるボランティア団体はありません。あなたならどうしますか。

 飼い主さんが万が一、愛猫の飼養が困難となったら、ご自身で猫の譲渡先を探す必要があります。その時、その猫の譲渡準備ができているか(①~③が満たされているか)がとても重要になってきます。時間はかかりますが、成猫でも譲渡先を見つけることは可能です。
ご高齢のご両親が猫を飼っていらっしゃる方は、ぜひ、ご家族で話し合ってみて下さい。

 『犬・猫の飼育放棄は犯罪です。』『“猫嫌いな人”を作るのは“猫好きの人”』という言葉も聞かれます。
1匹でも多くの猫が、“幸せ猫”として生涯を全うできる世の中になるといいな・・・と思います。ブログ用
クロちゃんは野良出身、去勢手術済み 『さくらみみカット』です。
スポンサーサイト
by FC2USER077367ZUW  at 08:46 |  生活 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

2019年スタートしました



2019年スタートしました

 こんにちは
乙部と申します。


 30年続いた『平成』も、あと3ヶ月で終わろうとしています。
年号が変わるということは、とても月日が経ち、時代が変わったかのような気になります。
でも、新しい年号も正直気になっています。私はKで始まる「か行」ではないかと、予測しています。
皆さんは、いかがでしょうか?


 ところで話は変わりますが、先日5年ぶりに、運転免許証更新手続きに行ってきました。1月25日生まれの私は、運転免許証更新手続きが、いつも年末年始にかかるため、更新する期間がとても短く感じられます。そんな慌ただしいなかで、受講し学んだことを少し紹介します。
青森県は、死亡事故が多く、昨年は二人以上の死亡事故が2件あったそうです。また、八戸市は飲酒運転の検挙率ワースト1と聞き、とてもビックリしました。
 『もっと交通ルールを守り、自分自身の意識改革をしましょう』という、教官の言葉に、私も気持ちが動かされました。普段、車を運転する立場が多いのですが、自分自身が歩行者となった場合の対策を、全くしていないことに気付かされました。以前から、反射材の着用は聞いたことがありますが、靴(前後だけでなく横が大事)や鞄の他に、名札の紐や腕に巻くベルトタイプなど、100円ショップでも簡単に購入できる物ばかり!!本当に意識の低さを痛感しました。これを機に、色々な物を準備したいと思います。
 皆さんも自分の身を守るために、そして青森県の死亡事故を無くすために、反射材を身につけてみては、いかかでしょうか?


illust3973small.png
by FC2USER077367ZUW  at 08:34 |  生活 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

スピリチュアルケア研修会




今年10月~11月スピリチュアルケアの研修会A-1(3日間)に参加してきましたので、報告いたします。

研修会参加前、スピリチュアルケアという言葉すら知らず、少し胡散臭いものかもしれないと、半信半疑な思いで参加した“スピリチュアルケア”でしたが、研修を通して、訪問看護を実施するに当たり、とても大切なテーマではないかと感じています。

スピリチュアルケアとは、スピリチュアルペインをケアすることです。苦痛は身体的苦痛、精神的苦痛、社会的苦痛、とスピリチュアルペインに分類され、特にスピリチュアルペインは無意味、無価値、空虚などで表現されます。

「私の人生は何だったのだろう。」
「誰もわかってくれない。」
「何の役にも立たない。生きている意味がない。」
など、気分が落ち込み、このような言葉がぽろりとこぼれた時、これらのメッセージをしっかりと受け止め、ケアする技術がスピリチュアルケアになります。

気分が落ち込んだ時、話しを聞いてもらうことで、心が楽になることはあると思いますが、スピリチュアルケアでは、より専門性をもって、援助的コミュニケーションを実施し、相手のサインをメッセージとして受け止め、メッセージを言語化し、言語化したメッセージを返し(反復)、相手の思いを明確化していきます。

利用者さまの心のメッセージも受け止めるためには、このような技術は非常に大切なものではないかと感じています。
コミュニケーション技術は練習が必要です。この研修会で学んだことを、訪問看護の中で、実践していきたいです。

ブログ用

by FC2USER077367ZUW  at 09:24 |  研修 |  comment (1)  |  trackback (0)  |  page top ↑

佐々木です



今月は、佐々木です。
今年の夏は暑かったですね~
私にとっては、これまで生きてきた○○年の中で一番熱い夏でした。
これも異常気象なんですよね(@_@;)
でも、ようやく暑さも和らいできましたね。もう少しで秋です。
そうです、季節の変わり目だから体調を崩しやすくなります。
気をつけてお過ごし下さい。
そんなわたしも…危険な年頃となり…
「あれ、なんだっけ?」「なにするんだっけ?」「そういえば…(2日前のことを突然思い出し)だった、忘れてた…」なんてことが多くなりました。
認知症かも?ということで、今回は認知症についてお話します。

「うっかり」や「もの忘れ」の原因は、
加齢による脳の認知機能の低下にあると言われています。
現在は、「もの忘れ外来」とかありますが、
・人の名前が出てこない
・言いたい言葉が出てこない
・物を置き忘れてしまう
・買い物する物を忘れてしまう
・前日に食べたものが思い出せない
・予定や約束を忘れてしまう
・家の窓や鍵を閉め忘れてしまう
どれも、あるある?かも知れませんが、
これらの症状が目立ってきましたら、高齢者なら早めに受診してほしいです。
うっかりや、もの忘れで済ませられればいいでしょうが、思い出せないのは辛いです。子供にすれば親が壊れていくのは見たくないものですよ。

認知機能とは、物事を記憶し、判断・理解する際に使われる重要な機能です。
認知機能が低下することで、分からなくなることが多くなるんです。

実は、この「うっかり」や「もの忘れ」に効果がある飲み物が
あるんです。実際に私の母に飲ませたら…
毎日の薬の飲み忘れがなくなりました。
被害妄想的な言動もなくなりました。
昼夜逆転もなくなりました。
私に愚痴を言うこともなくなりましたが、今は説教してくれます。
雪かきなんてここ数年したことなかったのに…
私が仕事から帰ると雪かきしてありました。

少しとぼけた母が好きでしたが『これ以上ボケないように』と思い、お試しで20包入りのブラックぺッパーしいたけスープをすすめたところ、1週間ほどで「飲んじゃった。また買ってちょうだい」と催促されました。  

スープを飲んでいる間は3日に1回くらいで見られていた内服薬の飲み忘れがなくなり、150包入りのものを買ってあげたら…毎日3包飲んでいるらしく、
一か月後には「うっかり」や「もの忘れ」がほとんどなくなりました。
でも、全くとぼけたところがなくなって…ちょっぴり寂しい気がするのでもう買ってあげるのをやめようかと思っています(~_~;)

以前、ブラックペッパーのパッチをつけている利用者さんがいらっしゃいましたが、その方も認知機能の低下はありませんでした。

うちの母は、現在病院へ通院し、内服治療により認知機能が低下するのを極力抑えつつ日々暮らしています。受診することへの抵抗は、もちろんありましたが、お薬を飲むことで普通に生活を送れています。

みなさんも、気になる症状が増えてきましたら、ブラックペッパーを試してみるのも良いと思いますが、専門医への早めの受診をお勧めします。


うちのピーちゃんとツナちゃんです(*^。^*)
佐々木ブログ
by FC2USER077367ZUW  at 16:54 |  生活 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

初めまして☆



初めまして☆
5月よりケアポートみさわに勤務しております、看護師の渡邊です。

私は三沢市出身・三沢育ちです。
高校卒業後三沢市を離れ5年間病院で勤務していました。

今回家族で私たち夫婦の地元である三沢市に戻ってきました。

子供たちにとっても、私にとっても
ジジ・ババが近くにいる生活は新鮮で楽しいです。

休みの日は子供たちと一緒に公園巡りをしています。

学生時代はずーっと運動部に所属していたので
身体を動かすことが大好きです。

可愛い娘たちもその血を受け継いで
おてんばさんです。(野性的、、、)
ワタナベ ブログ2


いっぱい食べて成長中の子供たちに負けず
食べることが大好きです。♡お肉大好き♡

今回、初めて訪問看護師として働きます。

まだまだ、分からないこともありますが
気合と若さで頑張りますのでよろしくお願いします!!
by FC2USER077367ZUW  at 16:27 |  職員紹介 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑